元転職エージェントが、転職エージェントとは何か、ざっくり語る

元転職エージェントが、転職エージェントとは何か、ざっくり語る

こんにちは、元転職エージェントのろびです。
今回は、そもそも転職エージェントとは何かというお話をしていきたいと思います。

転職エージェント

転職エージェントとは、転職を考える個人の方へカウンセリングを行い、その方へ合った求人を紹介、選考の日程調整や面接対策等入社までのフォローを企業との間に立って行ってくれる無料のサービスです。

無料で使えるけどどういう仕組み?

所謂求人サイトは、企業が先にお金を払って求人広告を出しますが、転職エージェントの場合は成果報酬型になっています。
エージェントがその企業に合った人を連れてきて、入社に至った時に企業から報酬が支払われます。
その為登録者は無料でサービスを受けることができます。

企業としては、採用できるかも分からないのにあっちもこっちも広告出して、お金はかかったけど結局決まりませんでしたというリスクを減らせるし、エージェントが推薦してきている人だから変な人に時間を割いてしまうことも無く工数を減らせ、また広告を出せない求人も依頼することが出来ます。
エージェントの方も、広告と違い採用出来た数だけ報酬も跳ね上がるので、登録者を採用に導けるよう様々なサポートをしています。

求人サイトと転職エージェント、応募者の違い

求人サイトから応募した場合と、転職エージェントから応募した場合の企業からの見え方の違いはただ一つ、推薦状の有無です。
エージェントに登録したらまず、カウンセリングの案内が来てカウンセラーとの面談が設けられます。この時の様子から、あなたの良いところ、経験やスキルなどを良い感じに客観的にまとめた書類、推薦状が作られます。そしてカウンセラー経由で応募した求人にはこの推薦状が添えられて企業に送られます。
求人サイトからただ応募しただけの場合はこういった推薦状はつかず、あなたが用意した情報のみが送られます。

企業としては、推薦状がついている人の方がPRにも説得力を感じますし、エージェントが保証している人であればまず性格やビジネスマナー的にも問題は無いだろうと安心材料となります。

エージェントは使ったほうが良い?

上記でも書いたとおり、推薦状が付くということは応募者のメリットが大変大きいため、使わないより使ったほうが当然良いです。
また、エージェントを使うメリットは他にもあります。

例えば日程調整
仕事の都合で中々面接の日程が合わないということ、あると思います。そんな時に自分で理由を伝えると角が立つというか、言い訳がましく聞こえてしまいますが、間にエージェントが入ることによって円滑になります。
早く仕事を上がって面接に向かうつもりが緊急事態で残業を命じられてしまったとか、切羽詰まった声で電話がかかってくること、よくありました。頭が固い人事だとアウトなこともありましたが、大抵の場合こちらが丁寧に説明すればわだかまりなく進みました。※流石に2回、3回と続いてしまうとエージェントにもどうにもなりません!

また、年収交渉時のメリットもあります。
提示された年収が思ったより低かった時、正直に企業に「これだと無理」とは言いづらいですよね。
そんな時にエージェントが間にいると、年収交渉しやすいです。

ただ、一般的に年収は社内のバランスだとか決まったレンジの上で決定されているので、いくらエージェントがいたとしても年収交渉が成功する確率は低いです。
また一度決めた物を引っ込めることは出来ないという企業も多いので、どちらかというと、予め希望年収を伝えておいたり、他社で先に内定が出た場合にその提示額を伝えておいたりした方が、あなたに提示される前にエージェントが企業に助言して修正が入り、希望に適った結果となる可能性が高いと思います。

とりあえずこんなところ

色々書いてみましたが、ここで一旦切りたいと思います。
思い出しながら書いたので雑多な感じになってしまってすみません。
とりあえず無料だし、エージェントを使って悪いことはあまりないかなと思いますが、デメリットとなりうることを次は書き出したいと思います。

↓転職エージェントのデメリット、まとめました
元転職エージェントが転職エージェントのデメリットを挙げてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です