【Unity】1枚のドット絵から2Dアニメーションを作る方法 2D Animation

Unity ドット絵 アニメーション 2D Animation

こんにちは、ろびおです。

今回は Unity を使って、ろびのドット絵からアニメーションを作ってみました。

本当は、ドラッグすると物理演算で揺れるアプリを作りたかったのですが、やり方が全く想像できなかったので、出来そうなことからトライしてみました。

ブランコ,ドット絵

ブランコ ドット絵 gifアニメ

ぶらーん

ろび

① 絵をパーツごとに分解する

今回は、【頭・体・右足・左足】の4パーツで切り分けています。

元絵を切り分ける数だけ複製し、不要な体の部位を消しゴムで消していきます。

こんな風に↓

ブランコ ドット絵 CLIPSTUDIO

ブランコ ドット絵 CLIPSTUDIO

生☆首

ろびお

 

すべて終わったら、Photoshopビックドキュメント形式(.psb)で保存します。

② 分解した絵を Unity でリギングする(ボーン、メッシュ、スキン)

1.シーンに読み込み、配置など

PSBデータをUnityに読み込みます。(ドラッグ&ドロップ)

読み込んだ画像をシーンに配置します。(ドラッグ&ドロップ)

ドット絵がボケてしまう場合はフィルタリングを Point (no filter) に変更します。

[Sprite Editor] を開き、[Skinning Editor]に切り替える

2.ボーンを追加する

[Create Bone] でキャラに骨を追加します。

3.メッシュを追加する

[Auto Geometry]メッシュを追加します。

4.ボーンの影響範囲を調整する

このままだと足を曲げた時に腰回りが歪むので、体のメッシュに足の骨が影響しないようにします。

[Bone Influence] を押してから 体のメッシュをダブルクリック足の骨を選択して除外します。

右上にある [Apply] を押して保存します。

これでリギングは完了です。

③ Unity で絵にアニメーションを付ける

リギング後は、キャラの中にボーンが追加されています。

[Window] [Animation] ( Ctrl+6 )  を開いたら、

Bone1を選択して Animationウィンドウ内の [Create] をクリックし、アニメーションクリップを作成します。

レコーディングボタンを押してボーンを動かすと、タイムラインにキーが打たれ、アニメーションをつけることができます。

カーブエディターを使うと滑らかなアニメーションに調整することが出来ます。

④ Unity で作ったアニメーションを動画書き出しする(mp4)

作ったアニメーションを書き出すには Unity Recordor をインストールします。

[Window] → [Package Manager] Unity Recorder を検索します。

[Window] → [General] → [Recorder] → [Recorder Window]

Add Recorder をクリックすると書き出す種類が選べるので、Movie を選択する。

解像度等を設定し、RECボタンを押すと録画が始まります。

 

完成!!

ろびお



ドット絵の女の子を歩かせる 絵をほとんど描いたことがない初心者が、1年間「ドットピクト」を使ってみたのでレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です