絵をほとんど描いたことがない初心者が、1年間「ドットピクト」を使ってみたのでレビュー

こんにちは、ろびです。
絵は学校の美術の時間ぐらいしか描いたことが無い人生でしたが、実はこの1年ほど「ドットピクト(dotpict)」というアプリで密かにドット絵に挑戦していました。

絵が上手くなった…かはさておいて、絵を楽しんで描けるようになったので、描いた絵と一緒にアプリのレビューをしたいと思います。

dotpict

まず前提として…「ドットピクト!」はドット絵を描けるアプリです。
また、描いたドット絵をアプリ内で投稿して「いいね」を貰ったり、フォローシステムもあり、最近ではコメント機能も追加されました。

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ
開発元:MASAKI MITSUYAMA
無料
posted withアプリーチ

ちなみに、約1年前に描いてる絵を遡るとこんな感じ。(下書きで残ってたのを掘り起こし)
ドットに四苦八苦して描いてます。サイズは48×48。

これが今日描いたろびのアイコン。サイズは128×128。
後ろの丸いのはレコードのつもり。

ちなみに、1年間で描いた絵の数は280枚ぐらい。2枚のキャンバスサイズが違うので中々比較にならないかもしれませんが…描きたいものを描けるようになってきてるなと感じます。
初めの頃は128×128のような大きいサイズのキャンバスで描くと動作が重くなってアプリが落ちてしまったのですが、どんどんアップデートされて今はもうこのサイズで描いても落ちるようなことはありません。(ちなみに私はiPhone6sPlusを使っています)

追記:少しずつですが、各記事のアイキャッチ画像をドット絵で描いたり、ツイッターで投稿した画像をギャラリーにまとめているので、良ければ寄り道してみてください。

「ドットピクト」のいいところ

指やペンが邪魔しない

「ドットピクト」は鉛筆のポインタを移動させながら一番下の「push」ボタンを押すことで絵を描いていくんですが、指やタッチペンで直接描く場合と違って、描く部分がオープンになるため描きやすいです。
特に私の場合、ペンで字を書くのも苦手なんですが、この描き方だと何故かしっくりきたこともあり、続けられたのかなと思います。

置いた色を一括で変えられる

あまり他のお絵かきソフトを使ったことが無いのでこれが「ドットピクト」の特徴なのかはわかりませんが、一度置いた色を塗り直さずにカラー調整で変えられるのは良いなと思っています。
塗ってみたもののどうも違うな、となることが多いので、色を置いた状態で微調整できるのはすごく助かります。

カラーパレットが豊富

公式で用意されているパレットもこんなにたくさんあり、且つ今ではそれぞれユーザーがパレットを投稿することも出来るため、色彩センスに自信が無い人も安心して挑戦できます。

「いいね」や「フォロー」でモチベーションアップ

ツイッター等SNSに投稿するだけでなく、「ドットピクト」内にも投稿システムがあり、ここにアップされる作品は当然全てドット絵です。
ゲームの素材で使われていそうな至極の作品から、私のように初めたばかりの人の作品まで色々な投稿が集まっていて、感性が刺激されますし、そんな中で「いいね」や「フォロー」を貰えるとモチベーションアップに繋がります。

結論「ドットピクト」はこれからも続けていきたい

もしかしたら他にも良いお絵かきアプリはあるのかもしれませんが、絵は描くものじゃなくて見るものだった私が、絵を描くの楽しい!と思えるようになって、ここまで続けてこられたのは「ドットピクト」のおかげなので、今後も続けていきたいと思います。

また、どんどん改善のアップデートがされていっているので、機能など追加されたらこの記事に追記していきます。

ドット絵ブログはじめました

dotpictで描いた絵を元に、架空の世界で不思議を求めて旅をする女の子のブログ「himomemo」始めました。
気まぐれ更新ですが、良かったら覗いていってください。↓

7/15追記

アイキャッチ画像を描いたので差し替えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です