ロジクールのワイヤレストラックボール「M570t」を使い始めて2年半経つのでレビュー/感想

ロジクールのワイヤレストラックボール「M570t」を使い始めて2年半経つのでレビュー/感想

こんにちは、ろびです。
トラックボールに切り替えて2年半経つのでレビューします。
自堕落生活に最適なアイテムですよ!

トラックボール「M570t」

普通のマウスはマウス自体を動かして操作しますが、トラックボールはマウスの左側、親指部分にボールがついており、これをクルクル動かすことによって操作します。
ちなみに私が使ってるトラックボール「M570t」はこれ。

なんでトラックボールにしたの?

一番の理由は、「手首の痛み」です。
それまでは普通のマウスを使っていたんですが、ゲーム等で激しく動かすことも多く、手首に鈍い痛みを感じるようになりました。
手首が疲れないマウスパッドも考えましたが、手首を動かすことに変わりはないし、そもそも机のスペース的にマウスパッドを置きたくなかった。
(スペースが狭いこともあってマウスの上げ下げが多く、これも手首の負担になっていたのかもしれません)
そこで色々調べているとトラックボールが良いらしいとのことで、試しにと思い、おすすめ数の多かった「M570t」を購入しました。

外観レビュー

大きさはこんな感じ。
普通のマウスよりは当然大きいですが、これ自体を動かすことはないので問題ありません。
手触りはすべすべしていて自然に手を置いてフィットします。
手のひらの付け根まで支えてくれるのでいい感じ。
マウスホイールは切り替えボタンなどなく、カチッカチッとスクロールします。
2個の拡張ボタンがついており、デフォルトだと手前側がブラウザの戻るボタン、向こう側が進むボタン。

トラックボールm570t大きさ

裏側はこんな感じ。
青いのが見えてるこの穴に指をつっこむとボールが外れます。
また、電源ボタンをONにした時に数秒だけ表面の電源ライトが点灯します。

トラックボールM570t

蓋を取るとこんな感じ。
単三電池1本で動きます。最長18ヶ月らしいです。
レシーバーを収納できる穴がありますね。

トラックボールM570t

ボールを取るとこんな感じ。
使ってると、この白くて丸いボール受けのところに埃が溜まってきてボールの動きが鈍くなるので、気になったら外してちょんちょんすると簡単に掃除できます。

トラックボールM570t

購入してすぐは

買ってすぐの時は、やっぱり操作しにくかったです。
親指で操作しないと!と意識してしまうと変に力が入ってしまって狙ったところにカーソルを持っていくのが大変でした。
といっても人間は慣れる生き物。
2~3日使っていれば違和感なく使えるようになりました。
コツは、「親指は添えるだけ」

おすすめポイント

手首痛くならないよ!

手首が痛くなったから購入したんですけど、これにしてから手首が傷んだことありません。
マウスで腱鞘炎になってしまった人なんかは、柔らかい手首置き場のあるマウスパッドとか買うよりよっぽど効果あると思います。

どこでも使える!

これ、私みたいに自堕落な方には是非おすすめしたいポイントなんですが、トラックボールはマウスを動かさないのでどこに置いても使えます。
私は無印の「体にフィットするソファ」(人をダメにする…)を使ってるんですが、これによっかかってお腹の上にトラックボールを乗せるととっても楽な体勢でPCが操作出来ます!大発見!
こんな感じで、床に置いても良いし、膝に置いても良いし、どこでもマウスが操作できるのは意外と快適。

ゲームでも問題なし

これはどこまで馴染めるか、個人差のある点だとは思いますが、少なくとも私はゲームのエイムも問題なく出来てます。
トラックボール購入したての頃は、ゲームで使って慣れさせました。

おすすめ

そんなわけでトラックボール、おすすめです。
特に、手首痛い人!自由な姿勢でネットサーフィンしたい人!は是非使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です